【ウィルス】ウィルス被害の90%!?トロイの木馬とは

こんにちはWATARUです

今回は、前回ご紹介させていただいました。

マルウェア達の中でもっとも注意したい、「トロイの木馬」について解説していきます。

【ウィルス】PCにおけるウィルスとは?

特徴

トロイの木馬の名前の由来は

ギリシャ神話の一説で「兵士の入った木馬をトロイアの街に入れてしまった」という話から来ており。

危険と思わないような外装で自分のPC内部にウィルスを入れてしまうのが特徴です

 

トロイの木馬はほかのマルウェアと明確な違いがあり

・感染するための依存したファイルを必要としない

 ⇒他のウィルスは何かのファイルに依存した形で、感染を広げていきますが、トロイの木馬は依存するファイルが存在しません。

 

・自己複製しない

 ⇒悪意のないように見せかけるトロイの木馬の特徴としてウィルスとして検知されない為、PC内に潜伏するような動き方をします

上記のような違いがあります。

 

侵入経路

基本的には、害のない様に装っている為

・無料のアプリ

・フリーダウンロードの素材

・無料動画

・ツイッターなどのSNS

・ファイル共有ソフトを介した感染

・目を離したすきに直接インストール

といった経路でウィルスに感染します。

侵入したウィルスは、独自でOSの脆弱性につけこんでPCを乗っ取り、さらに脅威のある、ウィルスなどのを

PCの中に招き入れたりします。

 

トロイの木馬が侵入した場合による被害

トロイの木馬の特徴は気づかない事これによる、障害の例を紹介します。

■銀行カードやクレジットカードの金銭類が知らない間に盗まれる。

トロイの木馬が侵入して活動を開始した場合、ユーザーが特定にサイトにアクセスするまで、潜伏しているケースが多いです。

そして、銀行やクレジットカードのサイトのアクセスした際にID&PASSを盗み、銀行から情報を取得するケースが大半です。

 

■スマートフォンの権限を奪われる

スマートフォンで公式のサイトではないサイトにアクセスして、動画や画像などをダウンロードした際に

「個人情報」や「電話帳」の情報などを盗まれるケースがあります。

 

■迷惑メールを送っている

PCやスマートフォンに侵入した場合

その端末自体を盗まれて、勝手に犯罪に使わるケースがあります。

マルウェア作成者は、悪意を持ってプログラムを作っている為、そのマルウェアの侵入経路や作成者を特定させない為に

侵入したPCなどを乗っ取り活用する場合があります。

 

対策と駆除方法

■駆除方法

方法1. セキュリティソフトの無料体験版をインストールしてスキャン・駆除する

方法2. 専用の駆除ツールが無いか探し、あればそれを使用して駆除する

方法3.オペレーティングシステム(OS)のリカバリ/再インストールを行う

 

■対策

対策1:OSやJAVAなどのプラグインを常に最新にしておく

対策2:セキュリティソフトの導入

対策3:怪しメールを開かない

対策4:SNSのリンクを不用意に開かない

対策5:信用できるサイトからのみプログラムをダウンロードする

対策6:スクリーンロックをおこなう

上記の方法があります。

ですので、基本的に端末のバックアップを取っておく事やウィルスソフトをインストールすることをおススメします。

 

まとめ

トロイの木馬は侵入したとしても、気づかないといった特徴があり、知らない間に

情報が盗まれている、自分が犯罪に巻き込まれているといったケースが多々あります。

こういった事に巻き込まれない被害にあわないためにも

特にフリーランスを生業にしている方たちにはしっかり理解して頂き、日々対応をしていったほしいと思いました。

 

では今日はこの辺で

 

他の記事などもぜひチェックし見てください
限定公開の記事や情報などはLINE@にて受け取れます
ぜひご登録よろしくお願いいたします。

また、記事を書いてくれるブロガーの方大募集です♪

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です