【インフラ】運用には必須!ログインしているユーザーを調べる方法

こんにちはWATARUです。

今回は、インフラ関係で必ずと言っていいほど必要になってくる自身のユーザーネームを表示させる方法です。

コマンドプロンプトで自身のユーザーアカウントを表示しよう

STEP.1
コマンドプロンプトを起動
スタートメニューから「cmd」を入力してコマンドプロンプトを開きましょう
STEP.2
コマンド入力
[whoami]コマンドを実施
STEP.3
結果
自分が現在使用しているアカウントが表示される

>whoami
*********\usename

といった感じに表示されます。

 

 

意外に使う?whoami

こんなしょぼいコマンドだれでも知ってるよ

とは思うのですが、これは初心者が先輩からいきなり言われて「えっ?なにそれ?」ってなるもののベスト3には入ってると思っております。

是非この機会に自分のユーザー情報の見方とかを覚えておくとよいでしょう。

 

さらに簡単!タスクマネージャーから見る方法

whoamiを使う他に、端末にログインしているユーザー情報を見る方法があります。

それは「タスクマネージャー」を使用する方法です。

STEP.1
タスクマネージャーを開きましょう
画面したのタスクバーを右クリックして「タスクマネージャー」を選択
STEP.2
ユーザータブを選択
表示された画面の「ユーザータブ」をクリック
STEP.3
結果
自分のアカウントとその他の人間のアカウントが表示される。

 

めちゃめちゃ簡単ですね。

 

まとめ

whoamiよりタスクマネージャーで確認の方がいいかもしれません。

ですが、whoamiはオプションがいろいろあり、細かい情報などもオプション次第でいろいろ見ることができます。

実は簡単な作業もしっかり掘り下げてみると根が深かったりするものです

この記事が、運用さん達のヘルプになれれば幸いです。

 

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です